当協議会について

経カテーテル的心臓短絡疾患治療基準管理委員会は日本循環器学会、日本脳卒中学会、そして日本心血管インターベンション治療学会の3学会合同で構成された「潜因性脳梗塞に対する経皮的卵円孔開存閉鎖術の手引き」のメンバーを核とし、本邦における心内短絡に関するデバイス治療基準を管理する目的で組織されました。

2019年5月に卵円孔開存(以下、PFO)に対するカテーテル治療が認可されましたが、厚生労働省から治療に対する管理を求められており、治療実施を担う日本心血管インターベンション治療学会の下に本委員会を設置しました。

2020年の時点で本委員会を通称PFO協議会と呼び、3学会での運用を行うことになっています。
PFOに関しては、治療実施および施行施設数拡大を実務担当として日本心血管インターベンション治療学会内ASD/PFO特命委員会が担うこととなっていますが、心内短絡疾患はPFOに限らず多岐にわたり重複する部分もあるため、今後は関係各方面との調整を行いつつ心内短絡疾患へのデバイス治療の適正使用を推進していきます。

構成学会

一般社団法人 日本心血管インターベンション治療学会
理事長 伊苅 裕二

カテーテルを用いた成人の心臓短絡疾患治療の技術について、当学会の専門医が中心となって日本で進展させてまいりました。このたび、卵円孔開存による脳梗塞予防に対するカテーテル治療が保険適応となり、本協議会が構成されることとなりました。安全な技術の進歩は、その教育指導体制も重要です。当協議会を通じて、ますます日本の健康寿命増進に役立てるよう活動していきたいと思います。

一般社団法人日本循環器学会
代表理事 小室 一成

卵円孔開存は脳梗塞や一過性脳虚血発作の原因となることが以前より知られており、その治療法の開発が待望されていました。幸い2019年12月より、我が国において閉鎖栓デバイスを用いたカテーテル治療が可能となりました。そこでこの治療法を適切な患者に安全に届けることを目的として、日本心血管インターベンション治療学会、日本脳卒中学会、日本循環器学会の3学会が合同で協議会を設立しました。本協議会がこの治療法の普及に貢献し、一人でも多くの患者さんが救われることを祈念しています。

一般社団法人 日本脳卒中学会
理事長 宮本 享

静脈血栓を併発し卵円孔開存を介した奇異性脳塞栓症の新規治療である経皮的卵円孔開存閉鎖術の有効性と安全性が示されています。一方、卵円孔開存は健常者の約25%に存在するため、脳梗塞予防を目的とした本治療の適応については慎重に判断する必要があります。このため、循環器病の専門学会である日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、そして脳卒中の専門学会である日本脳卒中学会の3学会が共同して「潜因性脳梗塞に対する経皮的卵円孔開存閉鎖術の手引き」を作成したことは意義深く、今後とも本協議会を通じて密接に連携していきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る